ガタゴト日記

ゆるやかな生活
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
みんなのブログ
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
遅ればせながら『天地明察』を見て来ました!

ご覧になった方があるかもしれません。 
『天地明察』・・・ずっと見たかった映画です。

家のリフォームで、
9月から、なるべく家にいようとしていた為、
やっと、映画に行く事が出来ました。

冲方丁(うぶかたとう)のベストセラー小説を、

12.12.13映画05

『おくりびと』の滝田洋二郎監督が作り上げた作品です。

12.12.13映画06


12.12.13映画01

ストーリーを簡単に説明すると、
時代は江戸前期まだ鎖国の世の中、
主人公、安井算哲(岡田准一)は会津藩で
将軍に囲碁を教える名家の息子だが、
好きな算術や星の観測さえあれば、
出世もお金も関心がない。

12.12.13映画03

ある日、将軍の前で対局を控えていたが、
算術の設問が神社に掲げられていたら、
将軍の事など忘れてしまうほど。

12.12.13映画04

その設問前で庭掃除をしていたのが
後に妻となる村瀬えん(宮崎あおい)だが、
算術に夢中になっている算哲に興味を引かれる。

城での対局といっても、
過去の対戦の焼き直し。
相手の本因坊道策(横山裕)とは、
真剣勝負を誓い合っていた為、
誰もがびっくりする初手を差し、
見ていた全員が動揺していると・・・

12.12.13映画07

日食が始まる!
それも暦にない蝕は不吉で、儀式は中止となる。
そして、会津藩主から、
北極星の高度を測り、その場所の位置を割り出す
「北極出地」の命を受ける。
さっそく、村瀬えんを訪ね、
設問を新たに作り委ね、1年後の再会を誓う。

800年前の唐の暦のズレに悩みつつ、
計測しながら全国を廻り、
いよいよ改暦を志すが、
朝廷の猛反対にあう。

12.12.13映画02

多くの人に援助され、又妻えんの協力も得ながら、
会津藩江戸領内に立派な観測所を建てた後、
中国暦の3種の暦から
1番相応しいものを選ぶという難題に取り組む。
・・・
安井算哲は後に名前を改め、
『渋川春海』となる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E5%B7%9D%E6%98%A5%E6%B5%B7

全部ではありませんが、だいたいこんな内容です。
後は、ご想像にお任せします。

私はあまり、日本の映画(それも時代劇)を
劇場で見た事がありませんでした。
その私が何故か、見たくなってしまったのです。
それは不思議な事ですが、
公開から4か月になり、ロードショー映画館でなく
新宿の「角川シネマ新宿」という所でした。

12.12.13映画08

今まで、経験した事がないくらいこじんまりした
映画館でした。

12.12.13映画09

でも、座席は清潔で10人程の観客には
ちょうど良いくらいの広さでした。
これからも、こんな小さな劇場でもいいから、
たくさん映画を見たいと思った私でした。

(今回もYahoo!検索の写真を
使用させて頂きました)

スポンサーサイト
- | 01:52 | - | - | - |
コメント
from: siroikumo   2012/12/14 2:26 PM
天地明察をご覧になったのですね。羨ましい!!
如何でしたか?
原作はとても面白く、興味深いものでした。
暦はその国、土地にあったものこそが大切なのですね。
中国、韓国、日本と微妙にずれていっています。
暦を正確に知ることが、時の為政者にとっては大事なことだったようです。
岡田准一君は好きなのですが、算哲には美男子すぎるかと・・・・・

DVDになるのを楽しみにしています。

from: けいこ   2012/12/14 10:23 PM
siroikumo様
コメントありがとう。
原作を読まれたのですね。すごーい!
私は新刊の時に買って、読み始めたのですが、
ちょうど目の具合が悪くなり、手術などで
読めなくなっていたら、映画が出来ると聞いて
当てにしていました。(いまだに読めていません)
という訳で、映画はとても面白く、気分は
江戸時代にタイムスリップしてしまいました。
長編の小説なのに2時間ほどの映画にするには
かなり割愛した処があって、本を読んだ人には
物足りないそうですよ。
でも、DVDが出たら観て下さいね。
きっと面白いですよ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://no1fuji.jugem.jp/trackback/141
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.