ガタゴト日記

ゆるやかな生活
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
PR
RECENT COMMENT
みんなのブログ
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
雲の研究 14

 には相応しくないのですが
 乱層雲3回目です。
ギャヴィン・プレイター=ピニー氏の
『「雲」の楽しみ方』よりの抜粋です。


乱層雲
(つづき 02)

12.03.05雨01

子供雨粒描かせると、
きまって涙の形描く
思うに、大人にそう教えられたのだろう
クリスマスツリー下向き描くのも
やはり大人教えられたから違いない
本物のクリスマスツリー上を向いているし、
落ちて来る雨粒涙の形していない

12.03.05雨04

小さい雲粒ほぼ完全な球形だが、
成長して落下し始める
空気抵抗押しつぶされまん丸ではなくなる
もちろん涙形でもない
直径2ミリ以上になった雨粒は、
ハンバーガー上半分みたいな形をしているのだ。

12.03.05雨02

から小さいハンバーガ^ー落ちて来る
子供描け言うのは
ちょっと無理なかもしれない
雨粒涙形描く習慣は、
私達大人教えた決まっている
何故なら私達その形水滴
見慣れているからだ

12.03.05蛇口02

例えば風呂の蛇口
蛇口しがみついている見詰めていると
ようやく滴り落ちた水滴
誰が見ても涙の形だ。
水滴は次第に重くなって伸びつつ
表面張力蛇口くっついていようとするが、
ついに耐えきれずに下のバスタブ落ちていく

12.02.02キーツ02(キーツ)

愛する人睫毛からこぼれ落ちるも、
そういうをしている。
きっと私達は、というと悲しみ連想して
雨粒涙形描くのだろう
この連想は、イギリス・ロマン派詩人十八番だ。
ジョン・キーツは、いささか陰鬱な詩
憂鬱のオード」でそれを描いている

12.02.02キーツ01(キーツ)

・・・流して
しおれた生気与え
緑の丘四月とばり覆うように
憂鬱発作不意天から降りてきて
あなたの悲しみバラ満たす

12.03.05シェリー01(シェリー)

一年後キーツ夭折悼んで
アドネイス」を書いたパーシー・ビッシュ・シェリーも、
同じ事をした。
亡き友への追悼哀歌には、
笑いたくさん盛り込まれている
シェリーは、キーツ想像した「使者
共に死んだ考えた
死の床で、キーツ慕っている使者一人
キーツを見る。
まだ死んではいない思った彼女は、叫ぶ

眠れるごとく
詩想から流れ出たがこぼれている」

しかし、残念ながら・・

使者はそれが自身のとは知らず
さめざめこぼすごとく
跡形なく消えていく

降水言うとだと思っている
雲ウォッチャー
は、考え改めた方がいい
降水には多くの種類あって
この三つはほんの一部過ぎないのだ
さあここでから落ちて来るすっかり挙げてみよう
種類中の気温下の気温
によって、降水色々なをとる。

液体降水

12.03.05雨03

  通常、水滴0.5ミリ以上
着氷性の  過冷却状態雨粒0℃以下)。
地面や電線などに触れると着氷する低温
霧雨  雨滴直径0.5ミリ未満非常に細かい
細雨こぬか雨とも。
着氷性の霧雨  過冷却状態霧雨0℃以下)。
着氷性よりも雨滴小さい
物に接触すると、着氷して「霧氷」となり、
家屋や飛行機に甚大な被害もたらす

固体降水

12.03.05雪03

  から降ってくる結晶
の結晶初期段階直径0.2ミリ以下)を氷晶
雪の結晶数個から数百個くっつきあった物を
雪片と言う(マイナス5℃以上)。
結晶大きさ氷量温度状態によって変わる
霧雪  非常に小さい不透明な結晶
直径1ミリ未満)、地面に当たってもはねない
霧氷雪版
雪あられ  白く不透明な結晶で、
直径1〜5ミリ円錐形又は球形
もろく砕けやすいので固い地面落ちると
跳ね返って割れる
事がある。
霧雪などの結晶雲粒衝突して出来るもので、
外側固い氷の粒

12.03.05雹03

  直径5〜50ミリ透明又は不透明
非常に硬い氷の粒
アメリカで最大の記録直径178ミリ)。
積乱雲雄大積雲氷晶層出来時に
見られる
事が多い。
氷あられ  半透明氷粒で、普通直径5ミリ未満
固く、地面に落ちると立ててはねる
凍雨  透明な氷粒で、直径5ミリ未満固く
地面に当たるとがする
氷あられよりも長く降り続く

12.03.05ダイヤモンドダスト03

ダイヤモンドダスト(細氷)  非常に小さい
氷の結晶
(普通直径0.1ミリほど)がの様に空中に浮かんでいる物
よく晴れてほとんどない寒い日出来るので、
極地でよく観察される降水の内、から
落ちるのではない物の一つ。
日光当ってきらきら美しく輝くところから
この名が付いた

12.03.05ダイヤモンドダスト02

雲ウォッチャーは、何もわかっちゃいない人たち
言いがかりからふわふわ気ままな
守ってやらなくてはいけない事がままある。
彼らは雨雲なんてうんざり
なんであんな物好きになれるんだ?」
と、なじるだけではおさまらず雨雲せい

(a) 昨日のテニス試合延期になった
(b) 結婚式台無しになった
(c) バングラディシュ大洪水見舞われた・・・
云々かんぬんと恨み言言うだろう

晴れやかな気持ちかけられても、
更にはそれがせいでも、
海水から塩分取り除いてくれなければ
飲み水ない事は、指摘しておいて無駄ではない
4世紀聖バシレイオス言葉に、次の様なものがある。

多くの人が頭に降りかかる呪う
飢餓追い払う豊穣もたらす事も知らずに

12.03.05雨08

言い換えればアメリカ作家ジョン・アップダイク
述べた通り、「恵み降りて来る
なければ生命ない」のだ。
は、地上生き物棲める場所にしてくれる。
しかし、気付かれにくいかもしれないが
にはもう一つ重要な働きがある
汚染された大気浄化してくれるのである

12.03.06アップダイク01(アップダイク)

凝結核凍結核水滴つかまって雲粒閉じ込められ
になって地表戻される
わずか25ミリ降水量で、大気中浮遊する粒子約99%と、
二酸化硫黄(亜硫酸ガス)などの可溶性気体ほぼすべてが、
下の大気から取り除かれる
降水雲になる物質水滴氷晶
包み込んで運び地上返すのだ
この作用なければ大気ひどく汚れてかすみ
温帯地域では間違いなく悲惨な事になる。

12.03.05雨07

文句付ける人は見て見ていないのだ
後の澄んだ新鮮な空気様に
生き返った様なすがすがしい気分にさせてくれる物
ざらにない
雲ウォッチャーなら知っている通り
太陽輝きあれほど甘美なのは
落としている隙間から
のぞかせるからなのだ。
ハンバーガー形は、
悲しみではなく歓喜なのではないだろうか



今回の写真および、イラストはすべて
Yahoo!検索 ダイヤモンドダスト
キーツシェリーアップダイク調べた物を使用しました。

今回で、乱層雲の話は終わり、次は層雲予定です。

ここで皆さんにご紹介したいブログがあります。
LINKS載せましたすみれ日記”です。
すみれさん写真デジブック見られます
どうぞ、よろしくお願いします

スポンサーサイト
- | 01:33 | - | - | - |
コメント
from: ゆめこ   2012/03/13 12:34 AM
けいこさん、こんばんは!
パソコンを買ったら、けいこさんのようなカラフルなぶろぐを書くのが私の夢でしたが無理なようです(笑)

海外旅行へ行かれるそうで・・・
親孝行も出来ていいですね〜
私の母は、10年以上も前に亡くなったので、親孝行できるけいこさんが羨ましいです。


from: けいこ   2012/03/13 12:59 AM
ゆめこ様
コメント、いつも有難うございまーす。

私は、親孝行と自身の楽しみとで一挙両得と言う訳ですね。
実は、母は旅行に行くたび、「今回が、最後かもしれない」と言っていますので、なるべく一緒に行こうとしています。
from: すみれ   2012/03/13 8:06 AM
けいこさん おはようございます。
先日の梅のブログ拝見致しました。
それにいつもながら雲の研究、こんなに詳しく解説していただき、なにげなく見ていた水滴にも訳があることを教えて頂きました。水滴に映り込む煌めく世界も美しいですよ。
すみれ日記の件、載せて頂きありがとうございます。
from: けいこ   2012/03/13 10:18 AM
すみれ様
コメントを有難うございます。
すみれさんのブログやデジブックの美しさには、ご覧になった皆さんが感動すると思いますよ。
雲の研究は、なんだか、どんどん深みにはまりそうです。多方面の知識が、この本には含まれている為、科学書ではない面白さがありますね。
from: ばあば   2012/03/13 4:07 PM
雲の説明楽しく拝見しました。
特に雨の形気に入りました。
ハンバーガーの上半分みたいだなんて!
子供に概念画を描かず良く何でも見てからと言っていたのに雨の形にはやられました。
また、科学者は詩人ですね。
雨から素敵な言葉が生まれてますね。
今回も楽しく読みました。
from: けいこ   2012/03/13 8:55 PM
ばあば様
コメント頂き、有難うございました。
このハンバーガーの上半分という話、面白いですね。
雲、雨、雪それぞれにドラマがありますよね。
又、雲の研究、見て下さいね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://no1fuji.jugem.jp/trackback/51
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.