ガタゴト日記

ゆるやかな生活
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
みんなのブログ
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
ポル・スペ旅日記 6日目

第6日目 4月12日(木)

レオンオビエドサンテリャーナ・デル・マル
ビルバオサンセバスチャン (曇りのち晴れ時々雨)

8:00ホテル出発
オビエド到着9:40

12.04.12ポルスペ6日目01

途中景色は、山水画のよう

12.04.12ポルスペ6日目02

郊外プレ・ロマネスク建築物見学に。
なだらかな坂道少し滑りそうになりながら
サン・ミゲール・デ・リーリョ教会まで登って行く

小ぶりではあるが、こんな素晴らしい教会
 山奥ありました

12.04.12ポルスペ6日目03

スペイン最も美しい村呼ばれた
サンテリャーナ・デル・マルへと進む
バスから見た景色は、晴れかと思えば
雨が降るというコロコロ変わるお天気でした。

12.04.12ポルスペ6日目04

こんな雰囲気いいホテルレストランで、
タパス・ランチをとります。

12.04.12ポルスペ6日目05

このが、レストランなっています
メニュータパスおつまみ)の内容は、
パプリカマッシュルーム
イカフライ
コロッケ
ピロシキ
ミートボール
デザートフルーツカクテルでした。

出発までの30分ほど
この村散策するはずでしたが・・・

添乗員氏から
この村が、有名になったのは
近くであの『アルタ・ミラ洞窟』が発見されたからですよ。
今、洞窟見られませんが
その代わり博物館出来ていますよ。
タクシー5分位行けますよ。
行きたい方

ハーイ!」「ハーイ!」と
10数名手を挙げました

ところがタクシー呼んでも
すぐには来ずやっと来たと思ったら
ポツリポツリと・・一台、一台
そのうちに女性陣私と母だけに

少々、遅れる事覚悟の上で、
8名2台タクシー分乗して行きました

12.04.12ポルスペ6日目06

建物こんな地味なもの、もちろん国立です
中にはアルタ・ミラ洞窟壁画レプリカ
部屋の天井描かれているのです

教科書知っていたものは手の中入るくらいの大きさイメージでしたが
実際は人の顔大きさほどもある迫力ありました
到着してすぐにタクシー頼みました一応。)

12.04.12ポルスペ6日目07

規則あるという事で係員に「最初にビデオ一分見て・・」と言われた
男性陣6名私たち全員で猛反対し
早く中を見せて下さい!と。
大急ぎで博物館一周して、
出るとまだタクシー到着していない
大変、大変!

12.04.12ポルスペ6日目08

ここからが、大騒ぎです
すぐに帰っても既に遅刻かな?思っていたのに
再度タクシー依頼したのに全然来る様子ありません
待ちに待って・・・

ついに最後には母が
しゃしゃり出て何年かスペイン語学校通っている
成果かどうか分からないのですがタクシー降りる時
運転手さんからタクシー・カードもらっていたので、
受付の方にこの番号かけて下さい
私たちはこれから飛行機乗らなければなりません。」
と、(ウソをついて懇願したのです

ようやく先程の運転手さんやって来ました
もう、既に30分遅刻です。
しかも、その運転手さん2往復すると言うのです
この田舎では、タクシー台数ないのでしょう

バスで、私たちの帰り心配そうに待っていて下さった
添乗員氏ドライバーさん及びツアーの皆さん
ご心配おかけしました
そして、遅れてしまい申し訳ありませんでした

12.04.12ポルスペ6日目09

この遅刻たたって
19:00ようやくビルバオ』に到着

まずは世界遺産の『ビスカヤ橋』で、
現地ガイドウナイさん合流
彼は2時間待っていてくれました

ビスカヤ橋ゴンドラで、往復して乗り心地確かめました

12.04.12ポルスペ6日目10

もう、かなり暗くなってまして近い為、
 橋全体撮影するのは無理なようです

そこで

12.04.12ポルスペ6日目11

パンフレット撮ってみました
ヨット横長白い箱様な物見えますが
それがゴンドラ呼ばれる所です。
 真ん中部分自転車乗せ
両サイドには、歩行者乗ります
これが川岸から対岸動きます
上からワイヤー吊ってあります
普通に通勤生活よく使われているそうです

12.04.12ポルスペ6日目12

1893年から、稼働しているというのは・・・
120年でしょうか。由緒正しい渡し』という事になります。

ここで、バス・ドライバージョエルさん問題起こります
ヨーロッパ労働基準によって×時間続けて運転した時は、
30分休憩とらなければならないとなっていた事から、
予定にはなかったビルバオ新しい顔である
 『グッゲンハイム美術館』・・・中には入れませんが
で、写真撮影をして時間使う事にする。

12.04.12ポルスペ6日目13

ところが私はこの美術館に、以前から行きたかったので
予定外でも、大賛成!
内部に入れなかったのは残念でしたが、
アメリカ建築家フランク・ゲーリー設計による
このユニークデザインは、初めて雑誌で見た時
かなりショックでした。

12.04.12ポルスペ6日目14

缶詰アルミ缶、又はブリキ缶ようで、
川岸あるため水面反射するところ素敵です。

これは、美術館置かれた
オブジェです。
全身飾られたです。
近くに寄ってみるとハチブンブンいっていましたよ

12.04.12ポルスペ6日目15

この日は、予定よりずいぶん遅れて次のサン・セバスチャンへ。
ホテルチェックインしているないので
バス乗り換えて(又、ジョエルさん規則ありました
旧市街美術館中に出来たばかり
チョーモダンなレストランスペイン人負けないほど
遅いディナーなりました。(終わったのは12時回っていました

12.04.12ポルスペ6日目16
(これだけ、写真がなかったので、Yahoo!検索より)

メニューは、新鮮なエビ貝類、今回もタパス様に
大盛りの
が来て、取り分けて美味しく食べました
本当に遅くなったと感じたのは
お店従業員私たち一緒出てカギガチャリ掛けた瞬間でした。
私たちの我がままいろんな人迷惑かけてしまったと。

私たちが原因なって、この様に遅れた事は、
反省してしまいましたが、
本当に長い一日が、やっと終わりました

スポンサーサイト
- | 22:50 | - | - | - |
コメント
from: violet   2012/04/24 1:06 AM
けいこ様
旅行記楽しく拝見させて頂いてます。
今回の旅のトラブル、大変だった様子がひしひしと伝わってきます。海外旅行をすると日本って色々な事において、ルールが守られていて有難いと思いますよね。
でもこんなに素晴らしいものに出会うために、海外旅行は止められませんよね。
from: ネギぼうず   2012/04/24 10:14 AM
けいこさん
お早うございます、お国柄の違いでしょうか?
時間に寛容なためトラブルも仕方ありませんが きっと
内心ハラハラドキドキだったご様子、伝わってきました
読みながらけいこさんのガイドに引き込まれてしまい、
そこらへんのガイドブックより詳しくて楽しく
続きが待ち遠しいです。
from: けいこ   2012/04/24 11:38 AM
violet様
コメント頂き、有難うございます。
トラブルと言えば、そうなんですよね。
あんまり、トラブルと思っていない事の方が、
危険かもしれないですね。
日本だと、タクシーは呼べば来る物と思っている、
それが海外だと違うかもしれない、って言う事
でしょうか?
でも、クッキリ、はっきりと記憶には残りました。
私は、元来どうにかなると信じている人間ですが、
他の人と一緒に行動するからには、責任があると
今回改めて認識しました。
景色を見ていれば、いやなことも吹っ飛びますね。
from: けいこ   2012/04/24 12:04 PM
ネギぼうず様
お早うございまーす。
コメント有難うございました。
私自身は、少しぐらい遅れても受け入れられると
思っていたのですが、やはり添乗員氏の心配げな
顔を見て、子供の時以来久々に「あ、しかられる。」
と首をすくめてしまいました。
でも、そんな事はなく翌日にはプレゼントも用意して
ありました。本当に出来たお人柄です。
大勢の方に迷惑をかけたのは事実ですし、心から
反省しました。
いろいろハプニング盛りだくさんの旅でした。
from: カンコ   2012/04/25 10:13 AM
けいこ様
あとになれば旅のハプニングは良い思い出になりますが、その時はドキドキしたでしょう。
お母様もスペイン語で交渉して、黙ってられなかったのでしょうネ。
素敵な所ばかり、案内してくれて、けいこさんのブログは生きたガイドブックですね。
from: けいこ   2012/04/25 11:34 AM
カンコ様
コメント有難うございます。
そうなんですよ、連絡手段が1人ケイタイを持って
いる方がいて、その人が何度も添乗員に連絡しよう
としたけど、"0081"から始まる番号をかけても
呼び出さない。
後で、添乗員から「会社や機種によっては、"0081"が
必要ないのも近頃では出ているようですよ。」と聞いて、
納得しましたが、海外では日本にいると何でもない事が、
にっちもさっちもいかない事ってありますね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.