ガタゴト日記

ゆるやかな生活
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
みんなのブログ
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
ポル・スペ旅日記 7日目

 第7日目 4月13日(金)

サン・セバスチャンパンプローナプエンテ・ラ・レイナ
サン・セバスチャンブルゴス (曇りのち晴れのち雨のち晴れ

9:00 ホテル出発
昨夜ドライバー君超過労働ツアー全員疲労状態計り
1時間遅く起床朝食出発となった。(細かい心遣い!)

パンプローナプエンテ・ラ・レイナ
オプショナル・ツアー
不参加方々は、サン・セバスチャン半日フリータイム予定
その為バス市内ある地点まで行き、そこで降りる

私たちは一路パンプローナ』へ。

12.04.13ポルスペ7日目01

パンプローナと言えば、ヘミングウェーの『陽はまた昇る』でおなじみの
サン・フェルミン祭言わずと知れた牛追い祭り)。
その名聖フェルミン像安置されている
ここ、聖ロレンス教会です。

 お祭り際は、この教会から
その像が、担ぎ出されるとの事。

12.04.13ポルスペ7日目02

すごく遠くてようやく撮る事出来ました
聖フェルミンです。

12.04.13ポルスペ7日目03

しばらく、町中歩きながら見学して行きます。
商店街あった何かのしるし」です。
 逆さだったら、自転車乗る人と、太陽カナ?

12.04.13ポルスペ7日目04

途中見かけた教会ファサード
建物特に古くはないのに連続アーチ見事な事。

12.04.13ポルスペ7日目05

パンプローナ市庁舎
牛追い祭り始りは、この市庁舎バルコニーから
 市長赤い布振って合図をします。

12.04.13ポルスペ7日目06

又、しばらく町中歩きます
サッカー選手なっています
人間より大きな看板で、面白がって立ち記念撮影
ハイ、ポーズ!

12.04.13ポルスペ7日目07

町はずれ様な所ですが、
 フランスよりやって来た巡礼者が、このくぐって
パンプローナへと入って行った所です。
 遠くにはピレネー山脈も(晴れていれば見えるはずです。

12.04.13ポルスペ7日目08

こんな看板見つけました
これは、(多少スペイン語知識のある)よると
 『ギター酒場』の様な意味らしい
でも、これは何の動物?
イエイエ、きっと食べ物美味しく女性いますよ。」
的な意味ではないでしょうか。

12.04.13ポルスペ7日目09

中心にはきれいなカステーリャ広場があり、
 (トイレ休憩だったんですが広場地下
整ったトイレありましたよ。)
広場には、当然のごとく
ヘミングウェーがありました。

12.04.13ポルスペ7日目10

 お昼食べる来たのは
聖地巡礼の起点』とされたプエンテ・ラ・レイナです。
城壁囲まれた美しい旧市街歩いていると・・・

春休み(?)でもないのでしょうが、
ドイツから、巡礼道歩いて行くあっかるい女の子たちがいて
話しかけて来ました
この格好は、まさしくオリエンテーリングの様。

12.04.13ポルスペ7日目11

プエンテ・ラ・レイナとは、『王妃の橋』の意味です。
ヨーロッパ各地から南下し、ピレネー山脈越え
ここにすべての集結する為、
巡礼道起点呼ばれるのですが、
巡礼最盛期11世紀ごろは、年間50万人以上の人が
ここを行き来していた事になります。

これは、王妃の橋入り口です。

12.04.13ポルスペ7日目12

奇しくもちょうどその時巡礼者通りかかり
千年タイムスリップしたかのように、
感じ取るが出来ました。

12.04.13ポルスペ7日目13

横から見るとこの様に立派な石の橋です。

 昼食は、ホテルレストランで、バイキング形式でした。
と言ってもメインオーダー席まで運んでくれたり
種類豊富美味しい料理でした。

オプショナル・ツアー終わり急ぎサン・セバスチャンへと向かいます

12.04.13ポルスペ7日目14

サン・セバスチャンでは、添乗員氏からの提案で、
予定にはなかったコンチャ湾』と広がる街並み望む景色で、
 写真撮ろう代理店持ちで)、
バスで、小高い丘登りモンテ・イゲルド展望台』に行きました

サン・セバスチャン組聞くと半日の様な雨、風
あまり、町中散策する事は出来なかったとの事。
ところが展望台登って行くと晴れ
 こんなに見事に景色見えたではありませんか

これは、添乗員氏昨日遅刻彼自身
勧めたので8名人たちが行ってしまったんだ言い、
自分の責任なのでせめてのお詫びに
彼の苦肉の策でしたが、もちろん皆賛成でした。
お天気変わったのは
 この提案
見ていた人(?)が、どこかいたのかもしれません

12.04.13ポルスペ7日目15

 海別れ告げて私たち乗せたバスは、
一路、『ブルゴスへとひた走ります

ここからは、『雲ウォッチャー』 けいこ送りする
雲あれこれ”です。

これは、『積雲』でしょう。

12.04.13ポルスペ7日目16

これは、『卷雲』のようです。

12.04.13ポルスペ7日目17

これは、『卷層雲』だと思われます。
日の光差しこんで、『光芒』にも見えます。

12.04.13ポルスペ7日目20

おやおや、降り出しました
これは、『高層雲』か、『乱層雲』と思われます。
小雨から、いよいよ大雨なりました

12.04.13ポルスペ7日目21

ところがあっという間晴れぽっかり浮かんだのは
積雲』ではありませんか。

2011.11.22の『雲の研究 02』ので、
卷雲から始まって降り晴れるという一連様子
ギャヴィン氏著書で、
基本パターン第1部として著しています

もし覚えていて下さった方いらしたら
これほどの喜びはありません

それとほぼ同じ事を、ブルゴス向かうバスから
観察する事が出来たのです
私もいつかはそんな物見てみたい思っていました
こんな時に、それも海外で経験する事出来
感無量です。

でも繋がっていて日本海外ないんですけどね

スポンサーサイト
- | 12:27 | - | - | - |
コメント
from: さっちゃん   2012/04/25 3:16 PM
海外で思わぬプレゼントがあったんですね。

お母様スペイン語話されるんですか。
タクシーの件 お母様がいらっしゃらなかったらどうなっていたかしら。
わたしは 何年も習った英語も苦手で なんにも覚えておりません。
from: けいこ   2012/04/25 5:10 PM
さっちゃん様
コメント有難うございました。
そんなに話すとかいう状態ではないんですが、
長い間、習っていましたので自分の言いたい事を
勝手に言い放っただけだと思いますよ。
私だって、スペイン語は挨拶をようやく覚えた位
何を言っていたのかは、定かではありません。

このプレゼントには、私たち大拍手でした。

from: ネギぼうず   2012/04/25 9:15 PM
けいこさん
こんばんは、いつも詳しくガイドしていただき
アリガトウm(__)m
日記でも記していらっしゃるのかしら?と
思うほどです
お母様もお元気なご様子で楽しんでいらっしゃいますね。

お疲れの様子も無くてお二人とも若い 若い…!
from: alaise-mika   2012/04/25 9:26 PM
こんばんわ

けいこ様

素敵なスペインの旅の様子が
伝わってきます。

お母様と楽しい旅行が出来て良かったですね。

from: クー   2012/04/26 12:55 AM
けいこ様
急変する天候の中の旅行のようでしたね。
沢山の名所・旧跡を見せて頂きましたが、旅行の楽しさは添乗員さんの手腕も凄く影響するようですね。

お母様にとっても、素晴らしい想い出になったことでしょう。
from: けいこ   2012/04/26 4:01 PM
ネギぼうず様
コメント有難う。
やはり、写真を思いっきりたくさん撮って、
日記替わりにしたのが良かったみたいです。
帰ってからは、母はもちろんのこと私までも
時差ボケで、少しおかしくなっていましたよ。
でも、時差ボケは生まれて初めてでした。

from: けいこ   2012/04/26 4:07 PM
alaise-mika様
コメント頂き、有難うございました。
母は、見かけは歳より若く見えますが、
かなり高齢ですので、「今年までかしら」
と言いながら旅行をしておりました。
又、疲れが取れて、元気になったら
「出かけよう」と言い出すかもですが・・・

from: けいこ   2012/04/26 4:13 PM
クー様
コメント有難うございました。
本当に今思い出しても、良い旅行が出来たと
満足する事が出来ます。
母もスペイン旅行は何度も行っている人ですが、
お気に入りの添乗員さんと一緒の旅で、充実した
日々を送る事が出来たのではないかと思います。
from: べりー   2012/04/26 9:10 PM
旅行記楽しく拝見してます(^o^)/素晴らしい旅行を
現地で書いて見えるようなそんな雰囲気です。
お疲れも無く素敵な旅行記有難うございます。
お母様もお元気でお若くて素敵なこと。親子で旅行に行けるなんてお幸せですね。次回も楽しみにしてます。
from: けいこ   2012/04/27 5:07 AM
ベリー様
コメント有難うございました。
旅行は、3度楽しむと言いますが、文字通り
行く前と、行っている時と、帰ってから
3度も楽しみました。
写真の整理が、今は課題ですが、ゆっくり
楽しんでしたいと思います。
from: カンコ   2012/04/27 10:17 PM
けいこ様
楽しく読ませていただいています。
ピレネー山脈が見えるのですね。
大阪に住んでいた時にカトリックの学校の事務室に勤めていました。
ピレネー山脈のふもとにあるルルドに先生や生徒たちがお祈りに行きましたよ。
写真や文章を見てるとホントに異国って感じします。
from: けいこ   2012/04/28 4:41 PM
カンコ様
コメント嬉しく拝見しました。
ピレネー山脈自体は、お天気が悪くて、
よくは見えなかったんですよ。

でも、以前に私が病気をした為、母が
是非にとルルドに連れて行ってくれた事が
あったんですよ。
そのお陰かどうかは、分かりませんが今、
こうして元気でいられるのは、感謝しています。
ルルドの町自体は、少し観光地化されていて、
その事に、ちょっとビックリしましたけれど。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.